ここから本文です。

トップページ  >  暮らし  >  税金  >  ふるさと納税制度  >  寄附金控除の計算例

寄附金控除の計算例

例)Aさん

  • 家族は、夫婦と子供2人(21歳と16歳)
  • 収入は給与収入のみで、年収700万円
収   入
給与収入 7,000,000円
給与所得控除後の額 5,100,000円
 
 
 
住民税の所得控除
社会保険料 695,000円
基礎 330,000円
配偶者 330,000円
扶養(21歳) 450,000円
扶養(16歳) 330,000円
所得控除合計 2,135,000円
 
 
〇寄付金控除適用前の住民税所得割の計算
 
給与所得控除後の額         a 5,100,000円
住民税の所得控除合計       b 2,135,000円
住民税の課税所得金額      c  (a-b) 2,965,000円
税率                                      d
10%
課税所得金額×税率           e (c×d) 296,500円
調整控除額                          f 2,500円
寄付金控除適用前の所得  (e-f) 294,000円
  • 所得税の限界税率 10%
    (住民税の特例控除額の上限が住民税所得割額の10%となっておりますので,この場合は29,400円が上限となります。)

Aさんが小平町に10,000円を寄附した場合

寄付金 10,000円
1 寄付金控除対象額  8,000円
1 2 住民税の税額控除対象額  7,200円
1 2 3 4 特例控除額
 
1 寄附金控除の対象とならない額 2,000円
2 Aさんの所得税税率は10%なので、所得税控除対象額は 800円
3 基本控除額として、10%分が住民税額から控除されます。 800円
4 住民税所得割額の10%までの金額が住民税控除の対象になります。(特例控除額) 6,400円
税控除合計額 2+3+4=8,000円
 

Aさんが小平町に50,000円を寄附した場合

寄付金 50,000円
1 寄付金控除対象額 48,000円
1 2 住民税の税額控除対象額 43,200円
1 2 3 4 特例控除額 5 控除対象とならない
 
1 寄附金控除の対象とならない額 2,000円
2 Aさんの所得税税率は10%なので、所得税控除対象額は 4,800円
3 基本控除額として、10%分が住民税額から控除されます。 4,800円
4 住民税所得割額の10%までの金額が住民税控除の対象になります。(特例控除額) 29,400円
5 住民税所得税額の10%を超えているため控除できない住民税額 9,000円
税控除合計額 2+3+4=39,000円
 

Aさんが小平町に100,000円を寄附した場合

寄付金 100,000円
1 寄付金控除対象額 98,000円
1 2 住民税の税額控除対象額 88,200円
1 2 3 4 特例控除額 5 控除対象とならない
 
1 寄附金控除の対象とならない額 2,000円
2 Aさんの所得税税率は10%なので、所得税控除対象額は 9,800円
3 基本控除額として、10%分が住民税額から控除されます。 9,800円
4 住民税所得割額の10%までの金額が住民税控除の対象になります。(特例控除額) 29,400円
5 住民税所得税額の10%を超えているため控除できない住民税額 49,000円
税控除合計額 2+3+4=49,000円
 
※上記の表で、1の適用下限額2,000円は同じですが、寄附する金額によっては5控除対象とならない額が加算され、控除の対象とならない額が多くなる場合があります。
 
  • 特例控除額の上限(住民税額の1割)を超えても基本控除額は適用されますが、地方公共団体以外に対する寄附金とあわせて、住民税の寄附金控除の対象となる寄附金の限度額(控除対象限度額)は総所得金額等の30%です。
  • 小平町民が小平町に寄附された場合も、上記の計算方法で税の控除を受けることができます。

お問い合わせ

【申込に関するお問い合わせ】
財政課財政係
【税に関するお問い合わせ】
財政課税務係

電話:0164-56-2111(内線216・218)

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る