ここから本文です。

トップページ  >  行政情報  >  計画  >  小平町新総合計画(参考:序論)

小平町新総合計画(参考:序論)

よろこび共感・輝きのシンフォニー第2章小平町新総合計画~やさしさあふれる、やすらぎの故郷をめざして~
 

1.計画策定の趣旨

 鬼鹿村を小平村に編入した昭和31(1956)年、町の前身である小平村が「新村建設計画」を策定して以来、平成9(1997)年度策定の「小平町総合計画」まで5回にわたる計画策定を行い「海と太陽と緑の大自然の中、健康で心豊かな福祉のまち」をめざし、各種施策の推進に努めてまいりました。
 しかし、国内の経済状況が平成2(1990)年までの右肩上がりの時代からバブル崩壊といわれた平成3(1991)年以降、経済情勢の急激な変化にあわせ、国および地方の財政状況も硬直化してきました。さらに、財政状況の硬直化は、人口動態とも深く関連し、少子高齢化傾向も一層深刻化してきています。
 このような社会経済状況の中で、平成12(2000)年に施行された「地方分権一括法」により、地方公共団体は「自己責任・自己決定」の考え方のもと、「平成の大合併」などの大変革をせまられる時代に突入しています。
 このような時代の潮流をふまえたうえで、先の「小平町総合計画」の基本テーマである“よろこび共感・輝きのシンフォニー~やさしさあふれる、やすらぎの故郷をめざして~”を継承し、小平町の現状を行政と地域が十分理解し、住民の視点と長期的な視点から思いやりのあるまちづくりをめざして、行政と住民が協力してつくり上げる今後のまちづくりの指針として「小平町新総合計画」を策定するものです。

2.計画策定の趣旨

 この新総合計画は、行政運営を進めるうえで最上位に位置づけられる計画であり、今後のまちづくりの目標や方向性を示すもので、すべての基本となるものです。したがって、行政だけでなく地域活動など住民のまちづくりに関する指針ともなるものです。

3.計画の期間と構成

(1)計画の名称と期間

 本計画は「小平町新総合計画」と呼称し、平成20(2008)年度から平成29(2017)年度までを目標年度とします。

(2)計画の構成

 この計画は、「基本構想」・「基本計画」・「実施計画」の三層構造で構成されています。

(3)計画の見直し

 この計画は、国や道の施策や町の財政状況の変化など実施計画のほか、基本計画についても必要に応じて見直すこととします。
 
【基本構想】
 今後10年の小平町のまちづくりの考え方を示すものであり「小平町総合計画」(平成10年度から平成19年度)を基本とします。
 
【基本計画】
 基本構想に示した施策の大綱を具体化し、その目標達成のために必要な施策を総合的に示すものですが、社会環境等の変化に対応し、計画目標達成の実績をふまえて見直しを図るため、前・後期に区分します。
 
【実施計画】
 本計画期間における事務事業について、基本計画に示す施策体系ごとに示すもので、予算編成を行ううえでの指針となるものです。
毎年3年間のローリング

お問い合わせ

企画振興課企画振興係
電話:0164-56-2111(内線207・208)

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る