ここから本文です。

トップページ  >  行政情報  >  農業  >  地籍係  >  地籍調査

地籍調査

地籍調査の概要

 地籍調査は、日本の国土の実態を把握するために行われる土地調査です。
 現在の土地登記簿は明治時代の地租改正によって作られた地図(公図)をもとにしたもので、土地の境界が不明確であったり、測量も不正確であったりするため、土地の実態を正確に把握することができません。そこで地籍調査を実施し、一筆ごとの土地について、その所有者、地番及び地目の調査並びに境界及び地積に関する測量を行い、その結果を地図(地籍図)及び簿冊(地籍簿)に作成します。
 作成された「地籍図」と「地籍簿」は、その写しが登記所に送付され、登記所において地籍簿をもとに土地登記簿が書き改められ、地籍図が不動産登記法の地図として備え付けられます。
 地籍の成果は、個人の土地取引から公的機関による地域の整備まで、およそ土地に関するあらゆる行為のための基礎データとなるもので重要な役割を果たしています。

地籍調査のながれ

1 地籍調査の実施計画を作ります

 いつ、どこの地域を調査するのかなどの計画を作ります。
↓

2 住民への地元説明会を開催します

 調査を行う地域の住民の方々に集まっていただき、調査の内容やその必要性について説明会を実施します。
↓

3 一筆地調査

 土地所有者の方々に自分の土地の筆界(境界)を明確にしてもらいます。公図などをもとに作成した資料を参考に、調査担当者が現地を訪ねます。そして、境界を挟んだ土地所有者の方々に、双方合意のうえで土地の境界を確認してもらいます。また、土地の所有者、地番、地目などもあわせて調査します、
 このようにして確認された境界に、「杭」を打ちます。この杭は将来にわたって各筆ごとの土地の境界を示す大切な杭となります。
↓

4 地籍測量

 測量の基礎となる図根点を設置し、段階を踏んで各筆ごとの地球上の位置を決める測量を行います。
 各筆ごとの位置が決まったら、その結果をもとに正確な地図(地籍図)を作り、面積を測ります。
↓

5 地籍簿を作ります

 一筆地調査と地籍測量の結果をまとめ、地籍簿を作成します。
↓

6 地籍調査の結果を確認していただきます(閲覧)

 作成された地籍図と地籍簿は、一般の方々に閲覧していただき、確認を行います。万が一、結果に誤り等があった場合には、申し出てください。ここで確認された地籍調査の結果が、最終的な地籍調査の成果となります。
↓

7 地籍調査の成功を登記所へ送付します

 地籍調査の成果(地籍図と地籍簿)は、その写しが登記所に送付されます。
 登記所では、地籍簿をもとに登記簿を修正し、それまで登記所にあった地図の代わりに、地籍図を登記所備え付けの正式な地図とします。
 以後登記所では、地籍調査の成果を不動産登記の資料として活用します。

地籍調査の推進状況

鬼鹿豊浜 平成元年~4年 完了済
鬼鹿千松 平成2年~5年 完了済
鬼鹿元浜、鬼鹿田代 平成3年~6年 完了済
鬼鹿港町 平成4年~7年 完了済
鬼鹿広富 平成5年~8年 完了済
鬼鹿秀浦 平成6年~9年 完了済
鬼鹿富岡 平成7年~10年 完了済
大椴1地区 平成8年~11年 完了済
大椴2地区 平成8年~12年 完了済
花岡 平成10年~13年 完了済
小平(市外) 平成11年~14年 完了済
小平(市街) 平成11年~15年 完了済
本郷、富里 平成13年~16年 完了済
平和、沖内 平成13年~17年 完了済
臼谷、豊平 平成15年~18年 完了済
桑園 平成16年~19年 完了済
菊岡、豊岡、岐富 平成17年~20年 完了済
寧楽、住吉 平成18年~22年 完了済
達布 平成19年~23年 完了済 
滝下、川上 平成20年~24年 完了済 

お問い合わせ

財政課財政係
電話:0164-56-2111(内線218・219)

地籍係

サブメニューここまで

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る