ここから本文です。

トップページ  >  暮らし  >  福祉・子育て  >  定額減税補足給付(調整給付金)について

定額減税補足給付(調整給付金)について

 定額減税補足給付金(調整給付)とは

 令和6年分の所得税及び令和6年度個人住民税において、定額減税が実施されます。その中で、定額減税を十分に受けられないと見込まれる方に対し、その差額を給付します。
 
定額減税については、令和6年度個人住民税における定額減税についてをご覧ください。
 

支給対象者

 定額減税対象者で定額減税可能額が「令和6年分所得税推計額」または「令和6年度分個人住民税所得割額」を上回る(減税しきれない)と見込まれる方
 

定額減税可能額とは

 納税者本人および控除対象配偶者または扶養親族数に基づき計算します。
  ・所得税分=3万円×減税対象人数
  ・個人住民税所得割額分=1万円×減税対象人数
 ※減税対象人数とは、納税者本人、控除対象配偶者、16歳未満を含む扶養親族の数です。
  なお、国外居住者は除きます。
 

給付金の算出方法

 定額減税可能額が、「令和6年分所得税推計額」または「令和6年度分個人住民税所得割額」を上回る(減税しきれない)場合に、その上回る額を1万円単位に切り上げて算出した額を給付します。
 
 
 
 
 

給付金の支給手続き等

 調整給付金の支給対象となる方に、町からお知らせを送付します。
 
 送付時期および給付時期は現在調整中です。
 

お問い合わせ

 保健福祉課福祉係
 電話:0164-56-2111(内線272・273)

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る